新事業をスタートするために、金融機関から融資を受けたいお客様の事例

新事業をスタートするために、金融機関から融資を受けたいお客様の事例

The following two tabs change content below.
大塚康正@墨田区押上の税理士
墨田区押上駅すぐで税理士事務所を運営しております大塚康正と申します。30代・創業したての経営者を支えるべく、活動をしております。得意分野は融資獲得と相続・税務調査立会い。初回相談は無料なのでお気軽にどうぞ
本ページでは、これまで当事務所にご相談に来られた企業様、個人事業主様の事例を掲載しております。細かい相談内容はそれぞれ各企業様、個人事業主様で違いますが、同じようなお悩みのある方はたくさんいらっしゃると思います。ぜひ、お悩みを解決していただくための参考にしてみてください。 今回は、「会社で始める新事業のために融資を受けたい」という方からのご相談事例です。

はじめに

今回は、すでに当事務所と税務顧問契約をしているクライアントさんからのご依頼でした。聞けば、新事業をスタートするにあたりかかる費用を融資でまかないたいとの事でした。 新事業をスタートするためには、必要な機材を買ったり、ウェブサイトを立ち上げたりなど、様々な経費がかかってきます。そういった経費を補ってくれるのが金融機関からの融資です。 もし、今回の事例のように、新事業をスタートするために費用がかかるという場合には、本記事の事例を参考に、金融機関から融資を受ける事をご検討されてみてはいかがでしょうか。

相談者様の詳細情報

サービス内容 年齢・年代 業種業態 役職 性別
融資・助成金獲得支援 30 IT業 代表取締役 男性
  • IT業を営む会社の経営者
  • 30代男性
  • 新事業をスタートさせるために融資を受けたい

今回のお客様は、IT業を営む会社の男性経営者です。新しいITサービスを立ち上げるためにかかる費用の捻出が難しく、金融機関からの融資によって費用をまかないたいとの事でした。 融資獲得について誰に相談すれば良いかが最初は分からなかったそうなのですが、以前私がお話した「融資獲得支援サービス」を思い出した事、これまで顧問税理士としての対応がスピーディーだったことから、当事務所に相談しようと思われたのだそうです。

おおつか税理士事務所の対応

今回のお客様の場合、税務顧問契約によってクライアントさんの事業内容や業績、収支、新事業の内容などを既に把握していました。 そのため、金融機関へのご連絡から、融資申請書や融資申請に伴う試算表の作成など、金融機関への提出物はすべて当事務所にてご用意させていただきました。 また、金融機関へのご連絡、融資申請、金融機関とお客様との面談の調整など必要なアクションをすべて代行して行わせていただき、無事に融資を獲得することができました。 今回クライアントさんに行っていただいたのは、最初の融資のご相談と、金融機関側との面談のみです。あとはメールや電話などのやり取りだけでスムーズに融資を獲得することができました。 今回のケースのように税務顧問契約などで事前にクライアントさんの状況や新事業の内容、業績、今回始める新事業の内容などを把握していると、金融機関へ提出する書類などの作成がスムーズに行えるだけでなく、相談を受けた段階で融資が金融機関からおりるかどうかが大体判断できてしまいます。 このように税務顧問契約をしておくと、スムーズに融資申請を行う事ができるというメリットも出てくるのです。

まとめ

今回のお客様のように新事業を始めたいけれども資金が足りないという場合には、ぜひ一度融資の活用を検討してみてください。 そもそも融資の相談を誰にすれば良いか分からないという方も多いと思います。 当事務所では融資獲得支援サービスを完全成果報酬で行っております。また、当事務所にご相談いただければ、最初の無料面談の段階で融資がおりそうかどうかの大体の判断を行う事が可能です。 また、金融機関への説明用の事業計画書の作成や、一度融資を断られたお客様のご相談なども可能です。お気軽にご相談ください。 カテゴリー:お客様の事例

お問い合わせの流れ

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 料金表
  • 当事務所の5つのお約束

おおつか税理士事務所お役立ちブログ

まずは電話で無料相談!
03-6456-1788
無料メール相談
© 2017 おおつか税理士事務所 All Rights Reserved.