帳簿のチェックと確定申告書(青色申告)の作成をお願いしたいお客様の事例

帳簿のチェックと確定申告書(青色申告)の作成をお願いしたいお客様の事例

本ページでは、これまで当事務所にご相談に来られた企業様、個人事業主様の事例を掲載しております。細かい相談内容はそれぞれ各企業様、個人事業主様で違いますが、同じようなお悩みのある方はたくさんいらっしゃると思います。ぜひ、お悩みを解決していただくための参考にしてみてください。

今回は、「単発で確定申告書(青色申告)の作成をお願いしたい」という方からのご相談事例です。

はじめに

今回のお客様は昔からお付き合いのある士業の方からのご紹介でご相談に来られました。聞けば、確定申告書の作成をお願いしたいとの事でした。

弁護士をはじめ士業はそのほとんどが法人ではなく、個人事業主として活動していることが多いため、法人のような決算申告ではなく、個人事業主としての確定申告が必要になります。

もし今回のお客様と同様に、士業で毎年の確定申告書の作成をお願いしたいと考えているという方は、ぜひ本記事の事例を参考にしてみてください。

相談者様の詳細情報

サービス内容 年齢・年代 業種業態 役職 性別
確定申告 30 弁護士 代表 男性
  • 弁護士の30代男性
  • 日々の経理業務は自身で行えているため、確定申告書の作成のみを行って欲しい

今回のお客様は、弁護士として活動されている30代の男性です。

会計ソフトを導入し、日頃の収支や利益、経費入力などはご自身で行い、数字もある程度把握しているとの事でしたが、最終的な帳簿のチェックや複雑な確定申告書の作成などはプロに頼みたいと、依頼できる税理士を探しておられたのだそうです。

知人に相談したところ、当事務所をご紹介いただき、今回ご相談に来られました。

確定申告には白色申告と青色申告の2種類がありますが、今回のお客様のように青色申告の場合には、控除枠が大きく見込める分、申請書の作成などが白色申告に比べて難しくなります。

また、経費などに対する税務署のチェックも厳しくなるため、個人事業主の方も確定申告だけは税理士に依頼したいと考える方が多いようです。

おおつか税理士事務所の対応

今回のお客様のようにある程度ご自身で収支や利益、経費について会計入力をされているという場合には、まずはその入力内容が正しいかどうかのチェックを行う必要があります。

もし間違った入力の仕方をしてしまっている場合に、申請後税務署から質問が来るなど何かと面倒が生じてしまう可能性があるためです。

今回のお客様には、こういった帳簿の最終チェックと確定申告書の作成を行うというご提案をさせていただき、ご契約いただきました。

確定申告の中でも青色申告をされる場合には、税務署のチェックも厳しくなるため、もしもの事を考えて最終チェックと確定申告書の作成は税理士にお願いした方が無難です。

また、こういった確定申告書の作成や帳簿の作成などには時間がかかります。本業で忙しく確定申告書を作成する時間が取れないという場合にも、税理士にお願いした方が良いと言えます。

まとめ

今回のお客様のように、弁護士をはじめ個人事業主として活動されている方は毎年1回の確定申告が必要になってきます。

特に青色申告の場合には、税務署のチェックが厳しくる場合も、また書類の作成も複雑で難しくなります。

当事務所では、今回の事例のように日頃から会計入力をしており、帳簿のチェックと確定申告をお願いしたいという方から、領収書丸投げで帳簿作成から確定申告書の作成を一括してお願いしたいという方まで、確定申告に関するあらゆるご相談をお受けしております。

もし、本事例と同様に確定申告でお悩みの場合には、当事務所までお気軽にご相談ください。

カテゴリー:お客様の事例

お問い合わせの流れ

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 料金表
  • 当事務所の5つのお約束

おおつか税理士事務所お役立ちブログ

対応エリア

■東京都

墨田区/足立区/江東区/江戸川区
葛飾区/台東区/北区/千代田区
中央区/港区/新宿区/渋谷区
豊島区/練馬区/中野区/品川区
文京区/板橋区/目黒区/荒川区
大田区/世田谷区/杉並区

■埼玉県

草加市/川口市/さいたま市
八潮市/三郷市

■千葉県

市川市/浦安市/松戸市/柏市

■神奈川県

川崎市/横浜市

ご相談・お問い合わせはこちらから

まずは電話で無料相談!
03-6456-1788
無料メール相談
© 2017 おおつか税理士事務所 All Rights Reserved.